Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゲームオブスローンズを語るブログ

スタニス・バラシオン ゲームオブスローンズの登場人物

スタニス・バラシオンの基本情報

出身

スタニス・バラシオンは、ウェスタロスの諸名家の一つ、ストームランドの守護者・ストームズエンド城主バラシオン家(地図上の橙色・鹿の紋章)の出身。

家族

妻はセリーズ・フロレント
兄はロバート・バラシオン(七王国の王)、弟はレンリー・バラシオン(法務大臣・ストームズエンド城主)
娘はシリーン・バラシオン
甥姪にジョフリー・バラシオンミアセラ・バラシオントメン・バラシオンジェンドリー・ウォーターズ

特徴

バラシオン家の次兄でありながら、冷遇される。謹直、公正、厳格な人物。戦に勝つために七神正教を棄て、光の王に傾倒し、紅の女祭司メリサンドルを妄信する。


ウェスタロスの地図 画像引用元:https://quartermaester.info/

 


sponsored link

スタニス・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1開始前)

ロバートの反乱時、戦地に赴いた兄ロバート・バラシオンに代わり、バラシオン家の本領であるストームズエンド城を死守する。
メイス・タイレル率いるタイレル家に包囲されたストームズエンド籠城戦は凄惨を極めたが、密輸人ダヴォス・シーワースの活躍によりかろうじて耐え抜く。
王都キングズランディングが陥落した後、ターガリエン家の本領であるドラゴンストーン城を攻め、これを陥落させる。
ロバートの反乱後、ドラゴンストーン城城主に任じられる。バラシオン家の本領ストームズエンド城は、弟レンリー・バラシオンが城主となる。
密輸人ダヴォス・シーワースの犯罪行為を処罰し、その指を切断する一方で、その功績を認め騎士に叙する。
海軍大臣として、小評議会に参加する。
紅の女祭司メリサンドルに傾倒し、七神正教を棄て光の王を信奉する。

【注意】ここからネタバレ

ここからはゲームオブスローンズのネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方はバックしていただくか、シーズン1までゲームオブスローンズを観ていただくことをお勧めします。


まずは14日間無料体験

スタニス・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1)

王の手ジョン・アリンの死後、王都キングズランディングを後にする。

兄であるロバート・バラシオン王の死の直後、王の手エダード・スタークから、

◎ジョフリー・バラシオンらはロバート・バラシオンの血を引いていないこと。

◎したがって、ロバート・バラシオンの弟であるスタニス・バラシオンが正当な王位継承者であること

を記した密書を受け取ったことにより、自らが正統な王位継承者であることを主張する。

スタニス・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン2)

ロバート・バラシオンの跡を継いで即位したジョフリー・バラシオンを認めず、自らを正統なる王と称し、対抗する姿勢を示す。(五王の戦い)

サー・ダヴォス・シーワースを王の手に任じる。

弟であるレンリー・バラシオンが、バラシオン家の旗手の大半を糾合し、諸名家の一つタイレル家を婚姻同盟によって味方につけ、スタニス・バラシオンより大きな勢力を作る。

弟レンリー・バラシオンとの交渉に臨むが、決裂。決戦では勝てないと悟り、紅の女祭司メリサンドルの魔術に頼る。

ダヴォス・シーワースに紅の女祭司メリサンドルを運ばせ、メリサンドルが産んだ“スタニスの影”がレンリー・バラシオンを殺害する。

レンリー・バラシオンが死亡したことにより、レンリーに味方していたバラシオン家の旗手を味方につけることに成功するも、タイレル家は離れてしまう。

ブラックウォーターの戦い

バラシオン家をまとめ上げたスタニス・バラシオンは、王都キングズランディングを攻撃する。

軍船はワイルドファイアによって焼かれる。

陸軍の猛攻によりキングズランディングの城壁に取りつくも、メイス・タイレル率いるタイレル家およびタイウィン・ラニスター率いるラニスター家が援軍を引きてやってきたことにより形勢不利となり退却、ドラゴンストーン城に帰還する。

スタニス・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン3~4)

ブラックウォーターの戦いで軍勢を失ったスタニス・バラシオンは、サー・ダヴォス・シーワースの提案を受け入れてナローシーを渡り、ブレ―ヴォスのアイアンバンクの融資を受け、傭兵を雇う。

兄ロバート・バラシオン王の落とし子であるジェンドリー・ウォーターズを監禁し、紅の女祭司メリサンドルの魔術に利用する。

ドラゴンストーン城に帰還後、紅の女祭司メリサンドルの魔術で炎の中に雪原で戦う光景を見たため、王都キングズランディングではなく北へ向かう。

野人と交戦し劣勢であったナイツウォッチに加勢。野人に勝利し壁の向こうの王マンス・レイダーを捕縛する。

野人に軍に加わるよう説得するも、拒否したマンス・レイダーを火あぶりに処する。

スタニス・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン5)

カーセルブラックで軍を休息させ、北部を掌握するためボルトン家の支配するウィンターフェル城を次の攻撃目標とする。

ナイツウォッチ総帥に就任したジョン・スノウに同行するよう説得するも、拒否される。

野人を救出するため壁の北へ向かうジョン・スノウに軍船を貸し与える。

雪で行軍できなくなる前に、ウィンターフェル城を攻めるため、カーセルブラックを発つ。

当初は軍勢の多さで有利であったものの、雪に阻まれ傭兵が脱走し、ラムジー・ボルトンの奇襲を受けて大打撃を被る。

赤の女祭司メリサンドルの提案を受け入れ、娘シリーン・バラシオンを光の王に捧げるため火あぶりにする。妻セリーズが自殺する。さらに軍勢が減る。

ウィンターフェル城に到着するも、出撃してきたラムジー・ボルトンに野戦で敗れる。

タースのブライエニーにより殺害される。

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link