Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゲームオブスローンズを語るブログ

キャトリン・タリー ゲームオブスローンズの登場人物

time 2019/02/23

キャトリン・タリー ゲームオブスローンズの登場人物

キャトリン・タリーの基本情報


画像引用元:amazonプライムビデオhttps://www.amazon.co.jp/Prime-Video/

出身

キャトリン・タリーは、ウェスタロスの諸名家の一つ、リバーランドの守護者・リバーラン城主タリー家(地図上の水色・魚の紋章)の出身。

家族

父はホスター・タリーリバーランドの守護者・リバーラン城城主
夫はエダード・スターク(ウィンターフェル城城主・北部総督
子はロブ・スターク、サンサ・スターク、アリア・スターク、ブラン・スターク、リコン・スターク
妹はライサ・タリー(アリンの谷間(ヴェイル)の守護者・アイリー(高巣)城城主ジョン・アリンの妻)
弟はエドミュア・タリー
叔父はブリンデン・タリー

特徴

夫・子供を愛する芯の強い女性。夫の落とし子ジョン・スノウの存在を愛せず、懊悩する。


ウェスタロスの地図 画像引用元:https://quartermaester.info/

 


sponsored link

キャトリン・タリーの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1開始前)

ホスター・タリーの里子であったピーター・ベイリッシュと兄弟のように育つ。
北部総督リカード・スタークの嫡子、ブランドン・スタークと婚約する。
ブランドン・スタークとの決闘に敗れたピーター・ベイリッシュの助命を嘆願する。
ブランドン・スタークが狂王エイリス・ターガリエン2世に処刑された後、その弟のエダード・スタークと結婚する。
レディスタークとして、エダード・スタークとの5人の子を産み、育てる。

【注意】ここからネタバレ

ここからはゲームオブスローンズのネタバレを含んでいます。

まだ見ていない方はバックしていただくか、シーズン3までゲームオブスローンズを観ていただくことをお勧めします。


まずは14日間無料体験

キャトリン・タリーの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1)

北部総督エダード・スタークの奥方としてウィンターフェル城に君臨するが、夫エダード・スタークが王の手として王都キングズランディングに向かうと、自身は次男ブラン・スタークの看病のためウィンターフェル城にとどまる。

次男ブラン・スタークの暗殺を阻止し、暗殺の命令者を見つけ出すために、暗殺者の「短剣」を持って王都キングズランディングに向かう。

ピーター・ベイリッシュから「短剣」の持ち主はティリオン・ラニスターだと聞き、暗殺の命令者はティリオン・ラニスターだと確信。北部へ帰還する。

ウィンターフェル城への道中、王都キングズランディングに向かうティリオン・ラニスターを発見し、暗殺の命令者であるとして捕縛。ラニスター家の追跡をかく乱するため、居城ウィンターフェルではなく妹ライサ・タリーが摂政として統治するアリンの谷間(ヴェイル)のアイリー城(高巣城)へ向かう。

妹ライサ・タリーにティリオン・ラニスターを差し出し、スカイセル(天空房)に投獄する。


画像引用元:amazonプライムビデオhttps://www.amazon.co.jp/Prime-Video/

決闘裁判に勝利したティリオン・ラニスターを開放する。

挙兵した長男ロブ・スタークに加勢するよう妹ライサ・タリーに依頼するが、断られる。

長男ロブ・スタークの野営地へ行き、合流する。

双子城城主ウォルダー・フレイとの交渉をまとめ、トライデント河を渡河。

ロブ・スタークは戦に勝利し、ジェイミー・ラニスターを捕虜にすることに成功。

夫エダード・スタークが王都キングズランディングで処刑されたことを知る。

捕虜にしたジェイミー・ラニスターと、王都にとらえられている娘サンサ・スターク、アリア・スタークの交換を提案するが、ロブ・スタークに拒否される。

キャトリン・タリーの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン2)

レンリー・バラシオンとの同盟のため、レンリー・バラシオンの野営地へ向かい、同盟を締結する。

ピーター・ベイリッシュから夫エダード・スタークの遺体を受領。長男ロブ・スタークがとらえたジェイミー・ラニスターと、王都にとらわれている娘サンサ・スターク、アリア・スタークの交換を約束。

レンリー・バラシオンの死去(暗殺)により、ブライエニー・タースと共に離脱。

長男ロブ・スタークと合流。

北部がグレイジョイ家に襲撃され、居城ウィンターフェル城がシオン・グレイジョイに奪われたこと、次男ブラン・スタークと三男リコン・スタークが捕縛されたこと、サー・ロドリックが殺されたことを知る。

脱走を企てたジェイミー・ラニスターによって、息子トーレン・カースタークを殺された旗手リカード・カースタークがジェイミー・ラニスターの処刑を望むも、拒否する。

北部諸侯及び軍勢の中に処刑を望む声が強く、ジェイミー・ラニスターの生命を守れないと判断、サンサ・スターク、アリア・スタークと交換するため、ジェイミー・ラニスターを独断で解放。ブライエニー・タースをつけて王都キングズランディング向けて送り出す。

ジェイミー・ラニスターを独断で解放したことをロブ・スタークが知り、以降軟禁される。

父ホスター・タリーの葬儀に出席する。

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link