Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゲームオブスローンズを語るブログ

トメン・バラシオン ゲームオブスローンズの登場人物

トメン・バラシオンの基本情報

出身

トメン・バラシオンは、ウェスタロスの諸名家の一つ、ストームランドの守護者・ストームズエンド城主にして七王国の王となったバラシオン家(地図上の橙色・鹿の紋章)の出身。

家族

父はロバート・バラシオン(七王国の王)
母はサーセイ・ラニスター
叔父はスタニス・バラシオンレンリー・バラシオン、ジェイミー・ラニスター、ティリオン・ラニスター
妻はマージェリー・タイレル(ハイガーデン城城主メイス・タイレルの娘)
兄はジョフリー・バラシオン、姉はミアセラ・バラシオン、腹違いの兄弟はジェンドリー(落とし子)

特徴

金髪。優しい。素直。真面目。


ウェスタロスの地図 画像引用元:https://quartermaester.info/


sponsored link

トメン・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1開始前)

七王国の王ロバート・バラシオン1世の次男として生まれる。

【注意】ここからネタバレ

ここからはゲームオブスローンズのネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方はバックしていただくか、シーズン6までゲームオブスローンズを観ていただくことをお勧めします。


まずは14日間無料体験

トメン・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1)

父ロバート・バラシオン王の北部ウィンターフェル行幸へ同行する。

王都キングズランディングに帰還する。

トメン・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン2)

ジョフリー・バラシオンの王としての正統性を認めない叔父スタニス・バラシオン、自分が王にふさわしいと自任する叔父レンリー・バラシオン、父エダード・スタークを処刑され復讐に燃えるロブ・スターク、七王国の混乱を好機と見たベイロン・グレイジョイがそれぞれ王を自称し、五王の戦いが始まる。

王都キングズランディングに迫るスタニス・バラシオンの軍勢に絶望した母サーセイ・ラニスターにより、「夜の翳り」を飲まされそうになるが、祖父タイウィン・ラニスターの援軍によって助かる。

トメン・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン4)

兄ジョフリー・バラシオン王が、マージェリー・タイレルとの成婚の宴にて毒殺されると、跡を継いで王として即位する。

祖父タイウィン・ラニスターを引き続き王の手として任じる

殺害容疑をかけられた叔父ティリオン・ラニスターの代わりに、メイス・タイレルを財務大臣に任命する。

叔父ティリオン・ラニスターの裁判は、王の手である祖父タイウィン・ラニスターに一任する。

王の盾総帥である叔父ジェイミー・ラニスターの手引きにより脱走した叔父ティリオン・ラニスターにより祖父タイウィン・ラニスターが殺害される。

トメン・バラシオンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン5~6)

母である摂政太后サーセイ・ラニスターと、妻である王妃マージェリー・タイレルとの間で懊悩する。

王の手には大叔父ケヴァン・ラニスターを任命。密告者の長にクァイバーンを任命する。

母である摂政太后の要請により、ハイセプトンにハイスパローを任じ、雀たちに武装することを許可する。

ハイスパロー率いる七神正教が力を増し、妻である王妃マージェリー・タイレルを捕縛、母である摂政太后サーセイ・ラニスターを捕縛するなど、増長するがそれを抑えきれなくなる。

鉄諸島のベイロン・グレイジョイと、叔父スタニス・バラシオンが相次いで死亡したことにより、五王の戦いは終わる。

母である摂政太后サーセイ・ラニスターが、地下に貯蔵されたワイルドファイアを使用しベイラー大聖堂を爆破すると、レッドキープの窓から投身自殺した。

トメン・バラシオンの家族関係

ジョフリー・バラシオン、ミアセラ・バラシオン、トメン・バラシオンは実はロバート・バラシオン王の子ではなかった。(王妃サーセイ・ラニスターと、その双子の弟ジェイミー・ラニスターとの子)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link