Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゲームオブスローンズを語るブログ

遅参公ウォルダー・フレイ ゲームオブスローンズの登場人物

time 2019/05/23

遅参公ウォルダー・フレイ ゲームオブスローンズの登場人物

出身

ウォルダー・フレイは、ウェスタロスの名家の一つ、リヴァーランドの守護者・リヴァーラン城主タリー家(地図上の水色・魚の紋章)の旗手である双子城主フレイ家の出身。当主。

家族

若い娘との結婚を繰り返しており、たくさんの子や孫がいる。


ウェスタロスの地図 画像引用元:https://quartermaester.info/

 


sponsored link

ウォルダー・フレイの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1開始前 ロバートの反乱時)

タリー家の旗手でありながら、ロバートの反乱を傍観し、ロバート・バラシオンに加勢するのをためらい、トライデント河の戦いに遅参する。このことから、遅参公と綽名されるようになった。

【注意】ここからネタバレ

ここからはゲームオブスローンズのネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方はバックしていただくか、シーズン6までゲームオブスローンズを観ていただくことをお勧めします。


まずは無料体験

ウォルダー・フレイの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン2)

ロバート・バラシオン王の死後に即位したジョフリー・バラシオン王に対して反旗を翻した北の王ロブ・スタークが、ラニスター家と戦うために、ウォルダー・フレイに協力を呼びかけ、双子城を通過したいと申し出る。

北の王ロブ・スタークに対し、自らの娘を娶ることなどの条件を提示し、合意。

北の王ロブ・スタークに協力し、双子城を通過させる。

ウォルダー・フレイの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン3)

北の王ロブ・スタークが約束を破り、タリサ・マイゲアと結婚したことを知り、密かにロブ・スタークを裏切り、ラニスター家と通じる。

北の王ロブ・スタークの加勢要請を受け入れ、代わりにエドミュア・タリーと自らの娘の婚姻を提案する。

北の王ロブ・スタークらを双子城に招き入れ、結婚の宴を催し、その最中ロブ・スタークやキャトリン・タリーをはじめ北部諸侯および北部の兵士、リヴァーランドの将兵を殺害する。

娘のウォルダ・フレイをドレッドフォート城主ルース・ボルトンに嫁し、北部と同盟を結ぶ。

ラニスター家により、勅令でリヴァーラン城を拝領し、リヴァーランの守護者となる。

婚姻の宴において、客を虐殺したウォルダー・フレイの行為は非難の的となり、領内の反乱・反発を招き、北部の怒りを買うことになる。

ウォルダー・フレイの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン6)

息子に支配させていたリヴァーラン城が“ブラックフィッシュ”ブリンデン・タリーに奪還されると、ラニスター家に援軍を要請。

ジェイミー・ラニスターの助力により、リヴァーラン城を奪還する。

アリア・スタークに暗殺される。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link