Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゲームオブスローンズを語るブログ

ロビン・アリン ゲームオブスローンズの登場人物


sponsored link

ロビン・アリンの基本情報

出身

ロビン・アリンは、ウェスタロスの諸名家の一つ、アリンの谷間(ヴェイル)の守護者・東部総督アリン家(地図上の青色・ハヤブサの紋章)の出身。

家族

父はアリンの谷間(ヴェイル)の守護者・東部総督であり「王の手」ジョン・アリン
母はタリー家出身のライサ・タリー
兄弟はいない。

特徴

過保護な母に育てられたためか、先天的な理由によるものか、実年齢に対して精神年齢が幼い。


ウェスタロスの地図 画像引用元:https://quartermaester.info/

 

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1開始前)

ゲームオブスローンズの物語冒頭で、父である「王の手」ジョン・アリンが死ぬと、母ライサ・タリーに連れられてキングズ・ランディングを離れ、アイリー城(高巣城)に戻った。

摂政である母ライサ・タリーの補佐のもと、アリンの谷間(ヴェイル)の守護者・アイリー城(高巣城)主としてアリンの谷間(ヴェイル)を統治する。

【注意】ここから壮大なネタバレ

ここからはゲームオブスローンズのネタバレを含んでいます。
まだ見ていない方はバックしていただくか、シーズン3までゲームオブスローンズを観ていただくことをお勧めします。


まずは無料体験

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン1)

摂政である母ライサ・タリーの補佐のもとで、アリンの谷間(ヴェイル)を統治する。


画像引用元:amazonプライムビデオhttps://www.amazon.co.jp/Prime-Video/

伯母キャトリン・タリーがティリオン・ラニスターをアイリー城(高巣城)へ連れてくると、ライサ・タリーはティリオンを投獄する。だがティリオン・ラニスターの巧みな挑発に乗り、決闘裁判を受け入れる。

ティリオン・ラニスターの代理として決闘した傭兵ブロンが決闘裁判にて勝利したため、ティリオン・ラニスターを解放する。この時、自らの旗手が月の扉から落ちることになるが、それを見て喜ぶ。

伯母キャトリン・タリーから、スターク家への協力を求められるがそれを拒み、ラニスター家とスターク家の対立では中立を保つ。

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン2~3)

従兄であり「北の王」を自称したロブ・スタークの軍勢(叔父エドミュア・タリー率いるタリー家(実家)も参加している)に加勢せず、アイリー城(高巣城)に籠り、五王の戦いにおいて中立を守る。

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン4)

ハレンホールの城主となったピーター・ベイリッシュと母ライサ・タリーが婚姻すると、ピーター・ベイリッシュをアイリー城(高巣城)へ招き、後見人として慕う。

ライサ・タリーの死後は、義父であるピーター・ベイリッシュが事実上のアリンの谷間(ヴェイル)の統治者となる。

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン5以降)

過保護な母ライサ・タリーがいなくなると、後見人ピーター・ベイリッシュの方針で、ロイス公に剣技を習う。

ピーター・ベイリッシュがアリンの谷間(ヴェイル)の諸侯を率いて出兵することを許可する。これにより、アリンの谷間(ヴェイル)は北の王ジョン・スノウに加勢することになる。

ただし、ロビン・アリンはアリンの谷間(ヴェイル)にとどまるため、落とし子の戦い、ホワイトウォーカーとの戦い、キングズランディングの戦いにも参戦しない。

ロビン・アリンの主な行動(ゲームオブスローンズ シーズン8)

アリンの谷間(ヴェイル)の領主、アリン家当主として、諸侯会議に参加。

ブランドン・スタークを王に推戴する。

総評

幼くして実父が実母に毒殺され、過保護な実母によって育てられ、実母の再婚相手によりアリンの谷間(ヴェイル)の実権を奪われたものの、凄惨な戦争に巻き込まれることなく、デナーリス・ターガリエン死後のウェスタロスの諸侯として遇される。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link